カテゴリー「パソコン・インターネット」の9件の投稿

HTC Desire HD ROM焼き 備忘録

あくまで物忘れのハゲしい自分用です............

ICSを使いたくてどうやら安定してるらしいというTrickDroidというROMを焼いてみたかったので久々にやってみました。
もうかれこれ半年以上もやってないのですっかり何もかも忘れてしまってます。

こちらからTrickDroid_v1.1.0.zipをダウンロードしてSDカードに保存しておきます。
解凍しないでそのままでいいです。

以前ROM焼きしたときには、毎度アプリを再インストールしたりシステム設定をやり直したりともろもろ面倒だったので(単にモノを知らないだけだったりしますが)、今回は「Titanium Backup ★ root」を導入して楽をすることにします。GooglePlayから有料ですが549円ならまぁいいかと。何度もROM焼きする人にとってはですが。

で、さっそくTitanium Backup PRO Key ★ rootをインストール。起動してみようとしますがアプリが見当たらず。もいちどGoogleAppを見に行ってみると確かにインストール済みになってます。????で、ググってみたら先に無料版のTitanium Backup ★ rootをインストールしておかないとダメとのこと。むむーナンテコッタメンドクサイ。仕方なく仰せのとおりにするとなんなく起動可能に。

あ、スクリーンショットは電源ボタン長押しでメニューが出ます。(すっかり忘れててググったりしました。)



で、「バックアップリストア」を選択して、menuを押すと「バッチ処理」メニューが出るので「バックアップ:全ユーザーアプリ+システムデータ」を選択で、バックアップが開始されます。バックアップデータはデフォルトでSDカードに保存されてました。


ようやくROM焼きします。
ROM Managerを起動させ、「ClockworkMod Recoveryを導入」をタップ。
「リカバリへ再起動」をタップ。
「wipe data/factory reset・wipe cache partition」を選択。さらにadvansed項目内の「Wipe Dalvil Cache」と「Wipe Battery Stats」を選択。要はもろもろ全クリアする、これやっとかないと今のシステムに単純上書きなので新しいROMをインストールしてももろもろ動作に不都合や不整合が発生します。(うっかりクリアせずにやったら発生しました。)

「install zip for sdcard」を選択してその項目内の「choose zip from sdcard」を選択してさらにTrickDroid_v1.1.0.zipを選択してROMを焼いていきます。

「reboot system now」で完了です。

起動したらwifiとGoogleのアカウント設定をしてとりあえず使える状態になります。
このROMでは日本語の選択肢がないので「MoreLocale2」を入れて日本語化しておきます。次にGoogle playからTitanium Backup ★ rootをインストール。起動してみると先ほど使っていた時とメニューが微妙に違います。あれこれ悩んで無事バックアップしたアプリもろもろを復元。中華フォントは気に入りませんがこれは後でなんとかするとして動作確認。あ、カメラはいけるけどビデオ撮影にすると強制的にリブートしてしまいます。うむむ、うちではこれ使ってちょいちょいゴン太くん動画を撮影してるのでこれはちょっと...

というわけで常用はちと難しいので(それ以外は問題なかったです)他に安定してるROMを探してまた遊ぶことにします。

【訂正】
↑後日更新版を当てたせいなのか、動画撮影も正常に動作しました。これで常用できます。

USBメモリからWindows7 WindowsServer2008をインストール

えー、先月新しいパソコン買いました。自作です。光学ドライブ買わなかったので
何かインストールしようと思うとDVDやCDを焼いたり使ったりするすべがありません。
で、USBがいまどき数ギガあるのでこれを使ってOSのインストールが出来ないかと。

ありました。@ITさんの記事

diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る

これでOK。

最後にインストールDVDのbootフォルダにあるbootsectコマンドを実行し、マスター・ブート・コードを更新して、USBメモリからブート可能にするのですが、かれこれ何回も同じところでつまづいてます。
インストールDVDのbootフォルダにあるbootsectコマンドを実行し、マスター・ブート・コードを更新して、USBメモリからブート可能にします。
ここで何回もおんなじ間違いして気づくの時間かかるので、備忘録。

F:\boot>bootsect /nt60 g:
Target volumes will be updated with BOOTMGR compatible bootcode.
Could not map drive partitions to the associated volume device objects:
とエラーになってしまいます。
これは コマンドプロンプトを管理者で実行していない時に表示されます。
他が原因で出る場合もありますが、私はいつもこれ。
で、コマンドプロンプトを管理者権限で実行して

F:\boot>bootsect /nt60 g:
Target volumes will be updated with BOOTMGR compatible bootcode.
G: (\\?\Volume{ba3b5690-3425-11e0-ad0d-20cf30b3bd6c})
    Successfully updated FAT32 filesystem bootcode.
Bootcode was successfully updated on all targeted volumes.

と表示されたらOKです。



TechNetサブスクリプション 電話してみた

Webフォームから質問は投げたけど、どうせ返答は遅いんだろうと、電話してみました。
すぐ繋がるし、さすがに対応は丁寧。

結果:利用者の登録は完了しているけどサブスクリプションのサイト(サーバー?)へ登録できないバグが発生している。対応を検討中。 だそうです。

ふーん。バグって言っちゃうのね。100%MSが悪いじゃん。なかなか日本の企業じゃそういう答えはしないような。そういえば昔サンマイクロも、Solarisのバグがあっても「既知の不具合。対応を検討してるけど対応がいつになるかは不明」みたいな回答を平気でしてたなぁ。外資ってそんなんばっかりか??

答えられないと思ったけど、いつまでに対応完了見込みか聞いてみた、来週....  とまぁ悠長なお答え。まぁ実際そうなのかもしれんと怒る気も失せて、そうですかぁと言ってしまった。登録できる状態になったら電話してくれるって。
気長に待ちます。てゆうか待つしかないけど。
がんばれMS ってそっとフォロー。

あ、メールでの返答も来てました。
こちらは、

お客様からのお申込は正常に受付いたしておりますが、現在、
システムへの情報の反映にお時間をいただいております。

だそうな。微妙に違うじゃん。 なーむー。

TechNetサブスクリプション 登録できず

あれから翌日に
「TechNet サブスクリプションご注文確認 -- 注文番号 :xxxxxxxxx」
といったメールが届きました。

またその翌日

「TechNet サブスクリプション注文完了のお知らせ -- 注文番号 : xxxxxxxx」

といったメールが来てどうやら決済が完了したようです。
しかーし、

====================================================

お支払処理完了のお知らせ
====================================================

この度はご注文いただきありがとうございました。お客様のお支払い処理
が完了いたしましたのでご連絡いたします。

● TechNet サブスクリプションを新規ご購入のお客様:
お客様の登録情報およびTechNet サブスクリプションの会員サービスを
ご利用いただくためのご案内メールを後日お送りいたしますので、今しばらくお待ちください。


だと。

続きを読む "TechNetサブスクリプション 登録できず" »

TechNetサブスクリプションに申し込んでみた

最近サーバーセットアップしたりクライントのセットアップをする機会がまったくなくなってしまってます(´Д⊂グスン
やっぱり自分で構築しないとスキルは身につきませんねぇ。口先だけで仕事するのもしんどいものがあるし。
てなわけで、お金は無いのですがTechNetサブスクリプションを申し込むことにしました。
申し込みサイトはここ

TechNet Standardだと23000円。サーバーOSやらExchageやら一通りつかえてこの値段なら安くはないけどいいかなと。

クレジットと申し込んだけど、申し込み確認のメールも来ません。どうやら一週間は登録完了までかかりそうな様子。さすが殿様商売のMSです。気長に待ちますか。

s
Te

続きを読む "TechNetサブスクリプションに申し込んでみた" »

ubuntu10.10でradiko録音

Windows使っているときに、RADIKORECORDER で深夜ラジオを録音してiPhoneに保存して通勤中に聞いてました。ubuntuでも録音できないかとあれこれググってこちらにお世話になりました。ありがとうございます(._.)

しかーし、肝心の録音がうまくいきません。

rtmpdump -vr rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_defInst_/simul-stream -s http://radiko.jp/player/player_0.0.9.swf -B 7200 -o output.flv

とあるのですが、何度やっても

ERROR: rtmp server sent error ERROR: rtmp server requested close

と表示されてエラーとなってしまいます。

いろいろ調べて試行錯誤した結果。
こちらのコメントに答えがありました!!!
-s http://radiko.jp/player/player_0.0.9.swf
を除いて実行したらうまくいきました( ̄▽ ̄)

以下のようにするとうまくいきました。

rtmpdump -vr rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_defInst_/simul-stream -o hoge.flv -f "dummy"

-f のところは適当な数字を入れればいいようです。 -f 999 とか。


まぁまたradiko側の仕様が変わったらうまくいかなくなりそうですが....

ひとまずこれでRADIKORECORDER使っていた時と同じようにタイマー録音できるようになりました。何でもやれるもんだねぇ。ubuntu。

ちなみにお世話になったサイトのシェルを以下のように変えて使わせていただいてます。

#!/bin/bash

## argument
TITLE=$1
CHANNEL=$2
FTIME=$3

## parameter
OUT_HOME="/home/hogehoge/音楽/radiko"
FLV_OUT=$OUT_HOME/"flv"
MP3_OUT=$OUT_HOME/"mp3"

## setting path
PATH=/usr/bin:/usr/local/bin:$PATH;
export PATH

## others
DATE=`date +%Y%m%d`
FILE="${DATE}_${TITLE}"

## call
### flvstreamer -r "rtmp://radiko.smartstream.ne.jp:1935" -a "$CHANNEL/_defInst_" -y "simul-stream" -v -B $FTIME -o ${FLV_OUT}/${FILE}.flv
rtmpdump -vr rtmpe://radiko.smartstream.ne.jp/$CHANNEL/_defInst_/simul-stream  -B $FTIME -o ${FLV_OUT}/${FILE}.flv -f 999
ffmpeg -y -i ${FLV_OUT}/${FILE}.flv -ar 44100 -ab 192 ${MP3_OUT}/${FILE}.mp3

ビルド方法をあれだけ詳しくアップしてくださってる皆さんに感謝。



ubuntu10.10 入れてみました

パソコン買い換えました。 自作にしました。
で、OSまで手が回らないというかお金がまわらない(;ω;)
んで、ubuntu 入れてみることにしました。
まぁ何とも簡単。

どうせなので64bitにすることにしてISOイメージをダウンロードしUSBメモリに保存。
BIOS設定でUSBメモリからBootするようにして、あっさりUSBメモリからインストーラー起動してインストール完了。(どうせあまり使わないから光学ドライブ買ってなかったりするのでこうなりました....)
何を設定することもなく安定しております。すごいなぁ。昔はドライバ探してきたり大変だったけどなーにもしなくてほぼOK。Webとメールしか使わない人はこれで十分な気もします。

iPhone niftyメール送信できない

えーiPhone便利に使ってます。niftyメールを使っていて、普段はメールを受信するのみでメールを送信する機能は使っていなかったのですが先日メールを送ってみると『メールが送信できません』と表示されます。


うーん。『送信者アドレスが無効でした』 ってメールの設定でその辺見ましたが、間違ってないし半角全角とかチェックしてみたけどそこも問題なし。で、あれこれ設定見直してみたら原因が判明。
SMTPの設定にIDとパスワードの設定が必要だったようです。

『設定』⇒『メール/連絡先/カレンダー』⇒アカウントの中からniftyのアカウントを選択⇒送信メールサーバー の SMTP ⇒プライムサーバ ⇒ ユーザ名とパスワードを入力





パソコンのメーラーではこの辺の設定はなくてもメール送信できるのですがiPhoneだと設定しないとダメなようです。うーんiPhone使ってずいぶん経つのに今頃気づくなんて......

さよならP4

今年の夏も暑かったですね。まだまだ涼しくならなくて、私のパソコンは異常なファンの音と時折、温度異常の警告音が鳴り響いて、暑い室内をさらに暑くしてくれます。なんとか涼しい季節になるのを待っていたのですが、もう限界.....
ということで、CPUとマザーボードの換装を決心?しました。
なりよりお金がもう乏しいので(ブログ内容でお分かりのとおり、お出かけにコストを掛けるようになってますので、パソコンになかなか投資ができません。)

で、そこそこの性能(ゲームはやらないのでその辺に必要な性能は要りません)となにより発熱量が少ない、かつ低価格なCPUを探しました。
Core2が響きがよくていいのですが、もう少し安くならないとちょっと厳しい。
ということで、久しぶりにAMDを選ぶことにしました。AMDはK2以来です。うーんずいぶん昔ですねぇ。

で、『AMD (SocketAM2) Athlon X2 BE-2350 リテールBOX (45W) 』にしました。Core 2 Duo E4300より性能的に(いろんなベンチマークありますけど)ちょっと落ちるくらいで、消費電力とかはこっちの方が少ないようです。



近くのお店で、10980円でした。

次はマザーボードです。なんとか1万円以内で押さえたくて、当初『ASUS M2A-VM』を買おうとしてました。ところが店員さんが、「このマザーボードのBIOSのバージョン(製品に入っている時点)によってはこのCPUに対応できていないかも」とのこと。それではということで、このマザーボードより後に製造されている(と思われる)『BIOSTAR TF7050-M2』をお勧めしてもらって、特にこだわりもないのでそれに決定。



これは8980円でした。結構お安い。

ということで、CPUとマザーボードが買えました。早速換装作業です。
暑い夏をがんばってくれたマザーボードをはずします。


マザーボードは、『AOPEN I915Gm-l i915G』、CPUは『Intel Pentium4 550(3.4GHz) 』です。性能的には特に不満はなかったのですが何しろ熱が...

と、ここで大問題が! メモリは使いまわしすればいいやと考えていたのですが、上記マザーボードで使っていたメモリがDDRでした..... 今回かったマザボはDDR2です。あぁ(_´Д`)

ということで、うちから徒歩圏内の『じゃんぱら』へごんたくんのお散歩を兼ねて急遽向かいました。ついでなので、上記マザボとCPUとメモリを下取りに出すことに。

まずは買い取りです。3000円くらいにでもなればいいかと思っていましたが、上記3点で1万円でした。ほ- ( ̄  ̄!) 意外に高く買い取ってもらえました。

じゃんぱらですので、中古のメモリを1G買うことにしました。2G欲しかったけど、ちょっと我慢です。

3580円でした。もっと安いノーブランドもあったけどちょっと不安なので。

そんなこんなで、ようやく換装。OSも再インストールして夜中1時にようやく元の状態までたどり着きました。いやー静かです。さすがです。性能もまずまず。セットアップ時に特にトラブルもなかったです。あ、OSはXP SP2です。今のところVISTAにするメリットを感じないので当面このまま。

換装作業中のごんたくんです。

えらいかっこで寝ております。
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

いくつになったの