« TechNetサブスクリプション ようやく利用できました | トップページ | 調子悪し »

USBメモリからWindows7 WindowsServer2008をインストール

えー、先月新しいパソコン買いました。自作です。光学ドライブ買わなかったので
何かインストールしようと思うとDVDやCDを焼いたり使ったりするすべがありません。
で、USBがいまどき数ギガあるのでこれを使ってOSのインストールが出来ないかと。

ありました。@ITさんの記事

diskpartを使ってWindows Vista/7のインストールUSBメモリを作る

これでOK。

最後にインストールDVDのbootフォルダにあるbootsectコマンドを実行し、マスター・ブート・コードを更新して、USBメモリからブート可能にするのですが、かれこれ何回も同じところでつまづいてます。
インストールDVDのbootフォルダにあるbootsectコマンドを実行し、マスター・ブート・コードを更新して、USBメモリからブート可能にします。
ここで何回もおんなじ間違いして気づくの時間かかるので、備忘録。

F:\boot>bootsect /nt60 g:
Target volumes will be updated with BOOTMGR compatible bootcode.
Could not map drive partitions to the associated volume device objects:
とエラーになってしまいます。
これは コマンドプロンプトを管理者で実行していない時に表示されます。
他が原因で出る場合もありますが、私はいつもこれ。
で、コマンドプロンプトを管理者権限で実行して

F:\boot>bootsect /nt60 g:
Target volumes will be updated with BOOTMGR compatible bootcode.
G: (\\?\Volume{ba3b5690-3425-11e0-ad0d-20cf30b3bd6c})
    Successfully updated FAT32 filesystem bootcode.
Bootcode was successfully updated on all targeted volumes.

と表示されたらOKです。



« TechNetサブスクリプション ようやく利用できました | トップページ | 調子悪し »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

同じエラーメッセージで、困ってました。 ありがとうございます。

私も同じエラーで困っていました。
原因はコマンドプロンプトを管理者権限で実行していなかったことだと分かり、無事解決しました。
有益な情報のご提供、どうもありがとうございました。

Thinkpad X240のハードディスク・クラッシュによりOS起動不可となったものの、事前に作成していたリカバリUSBからのリカバリはエラーとなり失敗。かつて同USBにリカバリメディアを作成した際にアクティブパーティションを作成していなかったことが原因かと考え、USBメディアを作り直している際に本エラーが起こり行き詰まっていました。これで前進できます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164836/50822274

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリからWindows7 WindowsServer2008をインストール:

« TechNetサブスクリプション ようやく利用できました | トップページ | 調子悪し »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

いくつになったの