« 2010年1月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年2月の1件の記事

横浜 ◯◯◯クリニック 精神科

昨年末から今年の今に至るまで、どうにも調子が良くありません。
月曜の朝は目が覚めるのですが家を出るまで異常に時間がかかります。松島クリニックで処方してもらってるイリボーもかれこれ11ヶ月目になりますが、当初よりも効きが悪くなっているような感じ。

イリボーの効果ですが、私の場合朝起きてからでかけるまでに少なくとも5回以上はトイレに行っていた(都度下痢...)のが2回程度に軽減しました。通勤するまでに駅のトイレに駆け込む回数もずいぶん減ったと思います。ただ、この薬とにかくお腹が張る副作用?があってあれだけ毎日ピーピーの私が金曜日ぐらいから便秘気味になって土曜日ぐらいから腹痛はすれど何も出ない状態となり日曜夜から月曜朝にかけてひたすら下痢といった妙なサイクルが続いています。ガスコンという薬をもらってますがナーンにも効いてる様子がありません。

そんな少しは有効だったイリボーを飲んでても朝のトイレが3回以上となり駅のトイレ回数も徐々に増えつつ、とにかく午前中の無気力というか仕事に行きたくない感じが日々増量?している感じです。

さすがにマズいなぁと思い、1年ちょっとぶりに精神科か心療内科に行ってみることにしました。以前通っていたところには限界を感じて通わなくなっていたので、どこか新しいところをネットで検索。
横浜駅から程近い◯◯◯クリニックへ。
今まで何件かこの手の病院にかかった経験から私が望む(理想とする)のは
・ちゃんと話を聞いてくれる(結構聞いてくれない...)
・症状に至る経緯や原因、生活環境など要因をヒアリングしようとしてくれる。
 ⇒だいたい症状を聞いて、それに該当する薬を出すだけのところが多いような気がします。しかも「これは効くよ」ってだけで副作用とかロクに説明してもらった記憶はありません。

いつも思うのですが、投薬治療のみで、そもそも病気にも原因があって.. とか思うのですが悲しいかな対処療法ばっかりで、取っ換え引っ換え違う薬を与えられることの繰り返し(しかも効いたためしがない...)

とはいえ頼れるのは医者しかいないのが現状なので、せめて人の話をちゃんと聞いてくれて症状をちゃんと見立てて治療方針を説明してくれる医者はいないものかと、重い腰を上げて◯◯◯クリニックに行ってみた次第です。

病院はとっても明るくて看護師や受付けの人も若くていい感じです。初診なので、症状等について3枚ほどの紙に記入して順番を待ちます。しかしすでに予約の時間はとっくに過ぎてます。こういった病院はそういうものなので半ば諦めつつおとなしく待つことに。
ようやく順番が回ってきたかと思ったら看護師の方からのヒアリングです。今まで受けた治療や薬など事前に整理してきた情報を細かに伝えました。で、再び受付けへ。またしばらく待ってようやく診察に呼ばれました。

ゲ、HPで見た院長先生ではなく女医さんです...
しかもチャラい感じ。この時点でかなりガッカリ。しかしアレコレ悩んでようやく病院までたどり着いたのだからしっかり話してと思って会話してみると、先に看護師さんに話して看護師さんがしっかり書いてくれたカルテの内容をほとんど読んでません.....あらそうなの?とか言うのでその都度、それはここにも書いてもらってますとカルテをこちらから指差す始末。
結局主な症状からたいして人の話も聴かずに、パキシルを処方するとのこと。以前通った病院でパキシルは効かなかったし副作用がきつくてしんどかったって言ったのにコレです。しかも『私的には◯◯の方が好きなんだけど』なんて先生の好みで薬だされても困ります....
以前他の病院で処方された薬の処方箋まで見せたのに、まずはパキシルの最低量から始めて状況をみて増やして行きましょうだと。またいちからやり直しってか。そりゃ病院コロコロ変えてるこっちにも落ち度?はありますが、3年くらいパキシル飲んでロクなことなくて、また同じ薬でイチからしかも最低量から?まったく何言ってるんだか理解できません。数回聞き直しましたが、要は「この症状にはこの薬が効くはず」の一点張り。しかもダメならチェンジして行きましょうだと。途中からどうでも良くなってハイハイ返事だけしてました.....

がっくりして疲れきって会計を待ってたら、看護師さんから血液検査をしたいとのこと。???HPに薬の長期服用に応じて血液検査するとか書いてあったけど何で初診で精神科で血液検査?何を検査するのか説明も無く、すでに説明を求める気力もなくなっていたので具合が悪いからと丁重にお断りして、さらに追加で心理テストのようなペーパーに回答を記入して、ようやくお会計。約3000円なり。
無駄金でしたぁ。処方箋もらったけど薬局には行かず。今更パキシルなんて飲みたくない。パキシル止める時も断薬症状がキツくてもう嫌です。パキシルもジェイゾロフトもルボックスも同じような感じで、お腹痛くなったりパニックになったりは軽減されたけど絵に書いたような無気力人間になって、ボーッとしていた覚えしかありません。
薬漬けの廃人にでもなったような気分でした。

何か手はないものかなぁ。怠けたい訳では無いのでちゃんと当たり前に朝元気に起きれて、コミコミの電車にメゲズに乗れてバリバリ仕事できるようにナリタヒ......

« 2010年1月 | トップページ | 2011年1月 »

2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

いくつになったの